クレーン事故の一般的な原因

11月 20, 2012

クレーンは、大規模な作業において非常に重要であるため、英国では広く使用されています。クレーンは主に建設現場で使用されますが、鉱業、エンジニアリング、海運、石油掘削などでも使用されます。クレーンの事故は幸いにも非常に稀ですが、起こってしまうと重傷者や死亡者が出てしまうことが多いのです。

クレーン事故で亡くなる方の数は年々減少していますが、負傷される方の数は依然として多いのが現状です。自分に過失がないのにクレーン事故に遭ってしまった場合は、損害賠償請求を検討することが重要です。

クレーン事故の原因はさまざまですが、中には原因がわからないものもあります。ここでは、一般的な事故の原因をご紹介します。

  • クレーンと架線の接触
  • 倒壊するクレーン
  • クレーンの部品の不具合や故障
  • クレーンの分解・組立・艤装時の人為的ミスによる事故
  • クレーンから物や荷物が落下して、下にいる人に怪我をさせてしまうこと。
  • クレーンの動きを指示・制御する際の勘違いによるクレーン事故
  • クレーンからの荷重が、建物や足場などの構造物に接触すること。

このような事故を引き起こす要因は、他にもいくつかあります。その中には以下のようなものがあります。

  • クレーンを使用する際の高さ
  • 強風などの悪天候
  • クレーンの速度

作業者は体の一部を使って吊り荷を支えようとします。しかし、時には荷が不意に動き、作業者が荷の下敷きになって大怪我をすることもあります。クレーン事故の発生と損害賠償請求を防ぐためには、雇用者がリスクアセスメントを実施することが重要です。リスクアセスメントは、使用される手順が適切であることを確認するために実施されなければならず、機器やプラントが労働者によって安全に使用されることを確認しなければなりません。また、クレーンを操作したり、クレーンを使ったり、クレーンの周りで作業したりする必要のある労働者には、トレーニングを提供しなければならない。

労災申請の可能性

あなたの事故が雇用主の過失の結果として引き起こされた場合、あなたは傷害請求を行うための有利な立場にあるかもしれません。しかし、傷害請求を開始し、多額の補償を勝ち取るためには、経験豊富な労働災害弁護士のサービスを採用することが重要です。

IMG_8783

クレーン,クレーンの投稿,ニュース

関連ブログ